米満さん

お姉ちゃんっ子の僕の面倒を見てくれていたお姉ちゃん的な存在の代表格が米満さんでした。いつも明るくて、2人でカレー食べにいったり、ラーメン食べにいったりしてくれましたね!飲み会ではいつも「チャーリーは本気で人のことを好きになったことがない」と言ってましたが、そんなことはありません。いやほんとに。リアルな話、最後の方は米満さんの頭をいかにしてポンポンするかを楽しみに飲み会に参加していたのはいうまでもありません。笑 また飲みに行きましょうね〜!あの話の報告も待ってます!3年間、お世話になりました!